看護師の業務内容と就業においての心得

看護師の業務内容

看護師は医療や介護の現場などで患者の生活面の介助や医療従事者の補助を行う仕事に就く人を指します。
かつては女性が多数を占めていたことから看護婦と称されていましたが、現在では男性の就業者も増えたことから看護師の名称で統一されています。
医療面の専門家であることに加え、患者の生活の介助を主な業務内容としているため、医療機関だけではなく介護施設や企業などの医務室でも勤務するケースがあります。

看護師の資格

看護師としての仕事に就くためには専門の教育を受けたうえで国家資格を取得する必要があります。
また、業務上の患者のプライバシーを尊重し、個人情報などは外部に漏らさないことが義務付けられている点を注意する必要があります。
業務の性質上、生活が不規則になりやすい傾向があることから、自身の健康管理にも気を配る姿勢を持つことが求められています。
特に高齢者や要介護者に接する機会が多い現場に勤務する場合、自身の体調不良によって思わぬトラブルが生じることがあるので細心の注意を払うことが大切です。

看護師としての心得

毎日の就業において衛生管理を重視することが最も大切なので、常に清潔な状態を保つように気を配ることが重要になります。
患者に接する際も細菌の感染を防ぐために事前に消毒を済ませておく必要がありますが、規模が大きい医療機関では不特定多数の人と接することになるので感染リスクが増大しやすい問題があります。
そのため、薬剤による消毒を徹底する他に第三者への接触を最小限に留めるように努めることが衛生面でのトラブルを回避するための心得です。
自分自身が病気の媒介者にならないように健康状態を良好に保つように注意することが医療の現場で働く者に求められる姿勢になります。