男性看護師という働き方に見る看護師の適性

男性が増えてきた看護師

穏やかな川の流れ【看護師】に憧れるのは圧倒的に女性が多いのですが、最近では男性も大勢この仕事に就くことを目指して大学や専門学校で資格獲得を目指すようになってきました。すでに時代遅れの表現になってきていますが「白衣の天使」と言う言葉が強くイメージさせるのは「献身的な天使のような“女性”」です。しかし、天使は何も女性だけがモチーフになっていると言う訳ではありませんし、男性の天使も居て然りです。そもそも、天使と言った存在は中性的なものとして考えても何ら不思議はありませんので、男性に向けて同様の表現を使うことも可能と言えます。

看護師の仕事に求められるもの

看護師と言う仕事は非常に過酷な環境での労働を必要とします。人の生命を相手にする仕事であるため、精神的な負担が大きいのはもちろんのこと、いつどうなるかわからないという状況に接し続けることになるため、時には寝る時間もない環境での仕事を必要とされる可能性も多く、その為に交代制での勤務が不通となっています。それにより不規則な生活になってしまう可能性もあるため、なることは出来ても継続して働いていくことは簡単ではないと言える職業です。

能力よりも性格の適性が強く求められる職業です

「人へ向けて献身的な姿勢を持つことが出来ること」が重要な資質であり、ボランティア精神のある人でなければ続けていくことが難しい職業ですが、そこで得られる経験は非常に大きなものであり、圧倒的な価値のある経験になるものです。今後、高齢化や医療自体の発展によりその存在意義は益々大きなものとなっていきますが、労働環境と言う意味では多少改善されていく可能性はあります。しかし、医療従事者自体の数が不足しているという現状からも分かる通り、その道を天職として従事することが出来る人は多いとは言えず「資質」が非常に重要になってきています。